市場にあたえる投機の影響

市場の相場というものは、「恐怖の連鎖」によって、実際の外貨売却・購入金額が数倍、数十倍になり、大きく変動することがあります。外国為替レートが投機によって変動する光景を多くの外国為替ディーラーが目にしてきたことでしょう。

では、投機はどういうときに起こり、どういった要因が投機の主体に行動を起こさせるのでしょうか。たとえば、市場全体のポジションが買い持ち(ロング)か、売り持ち(ショート)のどちらか一方に傾いているとき、具体的には約8割以上の人の相場観が同じであるような場合は、大多数の人とは反対の売買をすることでその時のレートが急激に反対の方向へ変動することがあるといいます。

大多数の人がドルの低下を予測してドルを売っているような状況である場合、ドルのレートは下がるでしょう。その後、ドルを売る人がほとんどいなければ、一定のとこからはレートが下がらなくなります。その時、投機的なドル買いの流れが市場に入ってくると、彼らにドルを売る銀行のドルの売り持ち額が大きくなります。限度を超えるような額となった場合は、他の銀行からドルを買い戻すこともあります。多くの銀行間でこの流れが繰り返されていくと、自ずとドルのレートが上がっていくことになります。

ある程度まで上昇しきると、銀行が元のポジションまでカットして、スクエアーする(ストップ口ス)銀行が出始めます。ストップロスが始まったら急激なドルの上昇も始まり、ストップ口スが終わにさしかかった頃に投機の手仕舞いが始まります。