ファンダメンタルズとは

外国為替レートは外貨売却や外貨購入だけでなく、経済的な状況の変化によっても変動するというのが一般的な考え方のようです。より詳しく解説すると、経済の基礎的な諸条件(ファンダメンタルズ) の変化が、外国為替レートが変動する理由であり、これを分析することによって外国為替レートの移り変わりを予測することができるという考え方です。

ファンダメンタルズは、本来は国際経済安定の定めの基礎的条件のことで、各国の経済成長や国際収支のバランス、物価の安定などのことをいいます。日本においては、特定の国の経済状況や通貨価値を判断する基礎的条件などという意味で使われることが多く、経済成長率や失業率、景気動向、国際収支などがその判断基準になっているそうです。

一見、一般的なようにも思える考え方なのに、「ファンダメンタルズ分析」とか、「ファンダメンタルズ相場」と定義づけるのはなぜなのでしょうか。それは、外国為替レートの変動がファンダメンタルズだけでしっかりと解説することが難しいという逆説的な意味合いがあるからです。

つまり、政治的な要因や投機などの他の要因によっても外国為替レートは変わるということです。ちなみに、ファンダメンタルズ分析の対義語として、テクニカル分析というものもあります。

外国為替レートの変動の原因を分析し、予測をする方法はファンダメンタルズ以外にもあり、専門家の間でもファンダメンタルズを重視する人と、テクニカル分析を重視する人、さらに両方をバランス良く活用する人とさまざまです。ファンダメンタルズ