テクニカル分析とは

外国為替レートの変動を予測する手法に、「テクニカル分析」というものがあります。テクニカル分析は、経済的な要因の分析を外国為替レートの予測に結びつけるという原因分析の手法ではありません。外国為替レートの過去の動きを見て、そこから今後のレートの動きを推測するのがテクニカル分析の手法です。

変動相場制に移行後、経済の基礎的な諸条件の関数というのが外国為替レートに対する考え方でした。しかし、こうしたファンダメンタルズ分析だけでは分からない外国為替レートの動き増えていったといいます。たとえば、経常収支が黒字になっている国の通貨が下がる、インフレ率が高い国の通貨が上がるなどの状況です。

相場の状況が前述のような場合では、専門家といえども外国為替レートの予想がうまくいかないことが多かったようです。そこで、予想の精度を上げようと編み出されたのがテクニカル分析です。テクニカル分析においては、経常収支やインフレ率などは関係がなく、レートの動きだけを使って将来を予測します。

過去のレートの変動を図に表したものがチャートです。今では、チャートは株式投資などでもよく使われています。外貨売却や外貨購入をするディーラーにも、部屋にチャートを置いて値動きを観察している人がいるそうです。

また、テクニカル分析にもいくつか種類があり、簡易なチャートで分析するものやコンピューターを使って分析をする大がかりなものまで、さまざまなものがあります。